田舎のプチマダムMの暮らし

すべての未来が輝いてみえていた青春時代・歳を重ねしあわせの種を探し求めていた頃が過ぎ、団塊世代と言われる年齢になりました それなのにいまでも日々の暮らしにしあわせを求めて彷徨っている主婦です いつまでも輝き続ける為の努力を忘れないように生きていきたいと思います。

救急救命センター

精密検査を受けることになりました

BlogPaint

















事の起こりは昨夜の食事時間中に起こりました!

息子のシャイ君は勤務先の人達でお食事をして遅くなるというので
それではと私らも外食をとの旦那様の誘いにルンルン気分で近くのファミレスへ・・・・
(この写真を撮った時はまだ正常の自分でした)
BlogPaint

















オーダーしたハンバーグにナイフ&フォークで一口お肉をお口に運び、
二口目をお口に運ぼうと思った時です 急に胸の様子がおかしくなりそれと同時にナイフ&フォークを持っていた指の先がなんだか一瞬冷たくなったような気がして・・・
ナイフ&フォークが指の先からこぼれ落ちてしまいました
その後はなんだか怒涛のような全身を廻る異変が起き なんだか自分でも意識が遠のくような不思議な感覚に襲われました
その時の思いだすととっさにとった自分の行動に我ながらびっくりしています
というのは意識がなくなりかけているなと自分で感じたとき、無意識に自分の両手で思いっきり両方のほほをビシバシ叩き始めていました
「どうしたんだろ どうしたんだろ 変なんだわ 変なんだわ」 なんて 独り言を言いながら・・・
それを見ていたご主人様 私の異常さ・状況に驚きそれでも
「とにかく 水飲め 水飲め」・・て 言うので
私 震える手でグラスの水何度も口に運びました
そして 「すぐ横になれっ 」 って言うので倒れこむように横になりましたよ・・・
時間にして数分でした

意識はあったのでこのままどうなるんだろうと思っていたら
ご主人様がとにかくすぐかかりつけの○▲に行こうと申しますので
食事を途中で切り上げて席を立ち数分で着くかかりつけへ・・・・・

症状を話し、まだ動悸も止まらず血圧も上昇中、苦しがってる様子の現象を診て
これはただ事ではないと判断されてすぐに紹介状を書いてくださり
その足で救急救命センターも併設されている総合病院へ・・・・・・

例のごとく救急の患者様で混雑の救急救命センター
吐気して気持ち悪いのに
検査着に着替え車椅子に座り、点滴打ちながら吐気用の受皿持って
胸のレントゲン・心臓のエコー・心電図・血液検査等最低限の検査を受けました
勿論・血圧・脈拍・熱もね。
やはり血圧上がってました上190
熱は私には異常な37.4度

救急担当のドクターの所見は症状からして
大動脈乖離を疑っていますとのこと
何 っ ? 大動脈乖離(かいり) って?
 ドクターいわく
心臓からでてる大動脈が破裂する危険な病気・・・

結論 今 検査しました結果
心筋梗塞・心臓のエコー・心電図には異常は見られませんでした狭心症の疑いもなし
肝臓/腎臓も異常所見はみられません
のでとにかく今夜は帰宅してくださいとの事
え~っ まだ胸は苦しいし、吐気はするのにィ~っ

ここは救急ですので重篤でない限り一度帰宅していただいて
明日専門外来に受診していただくようお願いしております
帰宅されてそれでもまた具合が悪くなったら何時でよろしいですのでいらしてくださいと・・・
え~っ  いまじゅうぶん苦しいのに~っ
でも救急外来ではここまでの応急処置しかできませんの一点張り
落ち着いたら帰宅してくださいとの事でしたのでその後もしばらく救急のベッドで横になって
おりましたが次々急患が救急車で搬送されてきます
その度にドクター・救急車の救急士・家族の方等でひっきりなしの混雑
なんだか私までなんとも息苦しくなっておりましたら
看護士さんが此処にいたら余計気分が悪くなりますよ 自宅に戻れれた方がきっと落ち着きますよとの言葉に促されて諦めて点滴を外し帰宅することに・・・

ちょっと長くなりましたが結局自宅に戻り、眠れぬ夜を過ごし・・・
本日循環器内科(心臓専門)を受診
(ちなみにドクターのPC覗いてみましたら ○▲のかかりつけの紹介状には不整脈の疑い
と記載されてありました)
なんで なんで? 昨夜のかかりつけの○▲のドクターは最初違う病院に紹介状を書こうとしましたよね、そこは脳神経外科の機械が整備されてるので云々と言ってたのでは????
(どっちにしたって疑いの病名が不整脈なら関係ないじゃんね 
結果は、我が家からは通えない場所でしたので現総合病院に直結した救急救命センターにしていただいたのですが)
・・・・・・・・・・・・ で ・・・・・・・・
本日の事ですが問診だけでしたわ
今は落ち着いていますので心配なら不整脈の検査と心臓の検査きちんとされますか?
えっ???当たり前だわと(言いませんでしたけど)
「はい お願いします」・・・勿論ですと付け加えたかったわ。

7月1日(月)に再度詳しく心臓エコー&不整脈の検査を致しますとの事で帰宅しました。
その時間ほんの数分。

横道にそれますが・・・
今時のドクターPCに入力に一生懸命ですね
患者にはただただ問診の言葉を入力するのに労力を費やしているように見えてますよ
(それが証拠に入力のスピードが速い、速い~っ 驚き
それはそれでよろしいけど内科なら聴診器ぐらいあててよねっ。
本人まだ胸が少し苦しいし、だるいと訴えてるんですからぁ~っ
初めに昨夜救急外来ででみえましたねと確認までされたんですからぁ~っ
救急外来で受診後まだ10時間位しか経ってないんですよっ
おまけに初対面なので昨夜からの経過を聞いてくださってもいいのでは?
ただ ただ昨夜のデータのみで話されます。
まったく会話のみでおしまい 

昨夜から続いて・・・・
まだ辛い身体を引きずり吐きそうな気持ち悪さを我慢し、
朝AM7:00過ぎに自宅を出て長い待ち時間を過ごし、診察室に呼ばれたのはAM10:20
これってどう考えても腑に落ちないわ
PCのみならネット通信でじゅうぶん用は足りるんじゃないのってね
(以前テレビでどこかの高齢者村やネットワークで結んでいる医療機関ネットを使って
患者を移送せずに指示のやり取りしているってそんな医療通信観た事あるわ)←荒い口調
ついでに、窓口でね先に脈&血圧とかは測ってそれもすぐ目の前でPCに入力!誰でもみれるようにしてるんですね(多分本日の窓口専門の看護士だと思う 血圧計はね携帯用の腕用で簡易なんよ)
それを別室の診察室のドクターが見てるのねきっと。
なんでもかんでもデータ管理、看護士さんもPC慣れするのに大変でしょうに・・・・・・・
なんとも機械に人間が操られてるようで切ない
医療が発展するってこういうこと??????????
総合病院は特にデータ管理にたけてるとは思いたいですが散々待たされてこれは辛い
でもね 精算機には驚きますよ 
これには流石OA化と感心しますよ!
診察室から出て1Fの4台並んでいる自動精算機のところまでまでゆっくり歩いて行き
しばらくするとすぐに精算ができますから。

さておき・・・・・・・・・

今は自宅に戻りなんとか落ち着き、ゆっくり横になっております・・・・・・・・。

そこで・・・・
昨夜自宅に戻ってからの会話のことを記載しとく。
ファミレスでのことです・・・・・
そういえばファミレスのメインのハンバーグ一口口にしただけ・・・
ご主人様は奮発しえびフライまでつけたのに全く手付かず・・・・・
いえ、えびをお口に運ぼうとした瞬間私が苦しみはじめました。
(前菜のサラダは少しいただきましたけどね)
多分 いやきっとファミレスの方は驚いたでしょうねぇ~っ・・・・・
なんせ一口口にしただけのお料理 それも二人ともですから・・・
ご主人様いわく
高くついた夕食だったなぁ~  ですと・・(笑)すみません
それともひとつおまけに
ご主人様は何故私が苦しがっていた時に「水飲め 水飲め」って言ったんでしょう
もしかして食べ物が喉に詰まったとでも勘違いしたのかしら??????
考えてみたら別の要因であり、逆に誤飲でもして症状を悪化させてたかも知れないのにね(爆笑)
どっちにしてもどさくさに紛れて結局夕食なしになりましたね 申し訳ない


 
・・・・・・・・・・・・長文にお付き合いありがとうございました
                   ここんとこ気温の上下が激しいので体調を崩しやすいですね
                       皆様お身体お大事にしてくださいね・・・・・・・・





留守番家族は大変です

今朝、家族の者が初めて(いえ我が家にとっては初めて)
   救急車のお世話になりました。

もう気が動転してしまい・・・
とにかく緊急でかかりつけの医院へ行きましたが・・・・
そこから救急車のお世話になり救急救命センターへ・・・・

結果は大事に至らず点滴、検査等していただきましたが半日後に帰宅できました。
(続けて容態が改善しないようでしたら明日改めて、再来院してくださいとの事です)

こんなとき、ご主人様がいてくれたらどんなにか心強かったかなぁ~っ

             なんて 心細い一日でした。


でも世の中の留守番家族は、
   多かれ少なかれ同じ状況を乗り切って見えてるのですもの
                  我が家もくじけてはいけない・・・・・・
   


        
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード