田舎のプチマダムMの暮らし

すべての未来が輝いてみえていた青春時代・歳を重ねしあわせの種を探し求めていた頃が過ぎ、団塊世代と言われる年齢になりました それなのにいまでも日々の暮らしにしあわせを求めて彷徨っている主婦です いつまでも輝き続ける為の努力を忘れないように生きていきたいと思います。

無動力歩行支援機

是非見てください

2017.2.21日 火曜日

今日19時54分から1時間テレビ愛知 ナゴワザvs名古屋もの作りの番組に
私が応援しているアクシブ(無動力歩行支援機)がでます

是非見てください きっと良さがわかると思います
DSC_新聞枠付き

無動力歩行支援機・・・・1

今日の中日新聞  中部けいざい 欄
BlogPaint

















大きく掲載されてました


BlogPaint















さすが先を読んだ研究ですね

使う身になった感性で色々な切り口を変えた利用法です
というか考えることは同じなんだなぁ~って痛感致しました
それと 気になったので無動力歩行支援機でググッてみたら健康な人でも利用されてる例
大きな荷物を背負っての際にこの無動力歩行支援機を利用している がありました(そりゃそうよね)

わたしは今、67歳 立派な?老人会の会員です(笑)・・・でも会員の中ではバリバリ若手です(変な自慢)
今後増々高齢化が加速します
なかでも健康な老人が確実に増えます
健康な老人といえども老化は避けられません 特に足腰が弱くなるのです
そんな時このリハビリ向けの歩行支援機の発展版が量産化され、手が出せられる価格になれば
きっとヒットすると思います

             とっても楽しみです    期待してます
注;新聞掲載中の企業名はあえてマスキングさせていただきました
ほんとは表記したいのがやまやまなんですが我慢します
(詳細を知りたい方はどうぞ新聞をご覧くださいね)




無動力歩行支援機を試着して歩いてみたい

18日にお着物サークルでお出かけしたばかりですのに偶然にも今日の日曜日も明治村に
お出かけすることになりました(この正面門は前回撮ったものです)
DSC_明治村門














今日のお出かけは連れ合いと一緒です
明治村までは小雨の降る中、電車に乗りバスに乗り換えての道中でした
目的は民間企業と名古屋工業大学が共同開発した無動力歩行支援機の試着体験です
キャッチコピーは「明治村で無動力歩行支援機を試着して明るくなった気持で歩き、紅葉を楽しみませんか 」です。
わたしは今のところお世話にならずに済んでおりますが
近い将来お世話になるかもしれませんその日の為に
発売された時から一度試着したいと思い続けていました
中日産業技術賞 特別奨励賞 
日本デザイン協会の2015年度グッドデザイン賞も受賞している 無動力歩行支援機
やっとその機会に巡り合えました

明治村に着いてすぐに試着させていただきました
まずは右足のみの試着で歩き始めてみました ここからは無道歩行支援機を試着してのお散歩です。
 聖ザビエル天主堂へ
DSC_ザビエル教会DSC_教会の中



























DSC_中薔薇窓(ローズウィンドー)は、ゴシック様式の教会堂建築にける大きな特色のひとつで、壮麗な空間を演出します。ここに展示されている薔薇窓は昭和48年(1973)に京都から移築するにあたって、保管と保存のため取り外したオリジナルだそうです(パンフより)





金沢監獄正門

DSC_刑務所門















帝国ホテル


DSC_帝国ホテル













帝国ホテルを後にして



BlogPaint

枠付き



































途中美味しそうだったので連れ合いにカレーパンを1個買って貰い食べました。 チョッと寒かったのでカレーパンの温かさがお腹にやさしかったわ
カレーパン枠付き

























途中雨がひどくなりましたので2丁目にある特別展示 名電1号形の中でひとやすみ

DSC_電車の中















坂を歩き、階段の昇り降りを含めて1時間半ほど歩き回らせていただきました
BlogPaint















試着後
今不自由を課されていないわたしの足にはその素晴らしさはなかなか伝わらないものでした どうすればその良さがわかるの?
ならば実体験に添うようにと試着した右足の足首に1.5キロの重しをつけ、
再度 無動力歩行支援機を試着して歩いてみました 種々な状況もあると思いますが
確かに効果が確認できたように思えました
始めに負荷をかけビフォー アフターを確認するとかなりの効果を体感することができました
・・・・今思うと最初からそうすれば良かったなと思いました
それと実はわたし 当日4㎝はあるヒール付のブーツを履ていたのが効果を感じない大きな要因だったのかもしれません
(平らな足面にぴったりとつけたことにより重圧をより正確に計れるだと思います)
やはり実際のハンデイに極力近づけた状態でなければ成果は見えないものですね
続けて両足に試着して体験しようと思いましたが午前中から降り始めていた雨が本降りになりましたので
仕方なく諦めました
次回又どこかで開催される事があればもっと理解が深めるように必ず参加したいと思っています
なお同日に電動車いすの試乗会もありましたよ

技術は日々進化しています 次回の開催が楽しみです

追記 紹介説明内容記述から転載・・・・
脳卒中片麻痺の方、高齢で歩きの弱い方向けの無動力歩行支援機です。 12年以上の歩行ロボットの研究から生まれた、モーターも電池もない軽い装置です。人間本来の自力歩行の原理を応用し、歩きの調子を整えます。 歩行動作で自然に腰部のバネに力を蓄え、一歩一歩の膝の振り出しをアシストします。 無動力・シンプルなので施設だけでなく自宅での歩行訓練に使え簡単に扱えます。 足が軽くなる感じで歩き易く、歩幅が拡がり歩行スピードも上がります。 ゴルフ・仕事・山岳レジャーなど幅広いシーン、健常者での利用も可能で、歩行支援を身近にします。
片まひの方や足腰が弱まった高齢者など、自立歩行はできるが歩行に不安がある方を対象とした歩行支援機です。
自然な歩行原理(受動歩行)に基づいて開発されたもので、バネの力と振り子の力を利用し脚の振り出しをサポートします                                   ・・・・・と記述されています

 無動力歩行支援機 健康なわたしに両足つけてバネ力を強めにして歩行するとより軽い感覚を感じると思う
そうすれば医療機器としてでなく健康な人の補助としても利用可能
少し前に病で体力の落ちてる男性の方が最近 ウオーキング用のスロレッチングステックを使い快適に歩行されてると
ブログにUPされてました
無動力歩行支援機 将来が明るい気がします・・・・と思いました。(夜思いついて追記しました

素人おばちゃんも考えてるんですもの企業・大学の共同研究です、きっと同じ考え発想で新商品がでてくると思います



記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード