田舎のプチマダムMの暮らし

すべての未来が輝いてみえていた青春時代・歳を重ねしあわせの種を探し求めていた頃が過ぎ、団塊世代と言われる年齢になりました それなのにいまでも日々の暮らしにしあわせを求めて彷徨っている主婦です いつまでも輝き続ける為の努力を忘れないように生きていきたいと思います。

頂き物

美味しそうなワイン

こちらはワイン
BlogPaintポルフェノールたっぷりの赤ワインです
いつもお世話になっている○だのお姉さまからです
美味しかったらまたくださるっていうのよ

早速いただきましょ!
そうそうこのワイン
久しぶりにPC教室に出向いた時に持って
きてくださったんですよ

お教室のあっこ先生とわたしにねっ
同じワインですので
あっこ先生にも感想聞いてみよっ!

PC教室での内容は年賀状作成
・・・・・・・・・・のつもりでしたが
お話に花が咲き、手ののろい私は
なかなか進まず申し訳ない状態でおわりました
近い内にまた行く事になりそうです











頂き物・・・武漢

連れ合いが頂いてきたお土産
中国 武漢  なんじゃこりゃって感じです                                
DSC_中国のお菓子












字読めないし
理解できないしィ・・・・
食べ物には違いない

連れ合いさんよ〜っ 中国にいたんでしょっ これくらいわかんないのかいっ
あのねぇ〜っ  どうせなら聞いてきてよ
さて どうやって食べようか思案中・・・・・・・・明日にでも開封してみよかっ!



頂き物……畑に実ってました

今日はお知り合いになった方のご自宅にお昼をとお呼ばれに行ってきましたよ
むかごごはんですって🎵
それだけではなかった
とっても手の込んだお料理でした
image
メインのむかごごはん
image
BlogPaint














とっても美味しかったです
さすが食に関する女性のお料理でした
それだけではなくお土産にも驚きました
これぜ~んぶご自宅のまえの畑で収穫させて頂きました
ハサミ片手に取り放題
レモン、ゆづ、すだち、大きなみかん(名前不明)ETR
DSC_ゆづ1
帰りの電車の中でいい香りがプンプン
どうもありがとね
それにしてもとっても重かった~っ
そうそう連れ合いにとむかごご飯も持たせてくださる
気配りのある女性でございました
今日は知らない方との巡り合わせもあり
楽しい時間を過ごさせていただきました


頂き物 ・・・・・・・・・ 花熟柿

DSC_柿菓子















外包からして上品な・・・・

柿を加工してある
包を開けると・・・・・     ゼリー???                                 
DSC_柿菓子1















スプーンで・・・・
すると中からタップリの柿の果肉が・・・・
DSC_柿菓子2














とっても甘くって上品なお味でした
2個入りでしたが先日一個頂き
後一個は連れ合いにと冷蔵庫に入れておいたのですが・・・・・
ついつい わたし頂いちゃいました
きっと言うかな
「あれっ 僕が食べようと思っていた花熟柿は???」 って

                  もうないよ 



いただき物を使って・・・・・

ここ数日の間に旬のお野菜が届きました
トウモロコシは裏の妙ちゃんから・・・・・
DSC_とうもろこし














こちらは道路向こうのMさんの奥様から・・・・

DSC_野菜2














なんせお料理は不得手な田舎のマダムです

シンプルにしかできません
まずは・・・・トウモロコシから・・・・・・DSC_5149      
お知り合いの方が長野に出向かれての
お土産だそうです
早速皮をむき・・・・・・・
DSC_落とし蓋












お湯を沸騰させた大なべにトウモロコシを入れ、落とし蓋をしてグツグツ
DSC_湯がく













レシピはネットで検索
沸騰後12分ぐらい湯がいて・・・

こんな感じに
DSC_湯がきあがり














そのまま10分ほど
置きます


出来上がりはこんな感じ・・・・・・・・・・・・
DSC_出来上がり


















DSC_ゆでたて
















つやつやでプリップリ

DSC_ぷりぷり














感想
少々甘さに物足りなさはありますが
新鮮さは抜群です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

道路向こうのMさんの奥さんから・・・・・
BlogPaint












ゴーヤはMさんちの道路沿いの外壁に絡まり育っていたものです
(毎日お出かけするときに目にしていたあのゴーヤが我が家に来るなんてなんだか不思議です・・・)
オグラはMさんちの玄関前のお庭で育っていました
こちらも我が家に来てしまいました
とうがんはMさんのお知り合いが沢山持ってきていただいたそうです
おすそわけのおすそ分け
ゴーヤーもオグラもお店で売られているのとはかなり違いますね
ゴーヤもおぐらもトゲトゲがなくってすべすべです
ゴーヤーは炒めたら苦さがとれ、とっても食べやすくなり
おぐらは軽く湯がいただけで鮮やかなグリーンの色がでてきて柔らかさ抜群の
口当たりです トマトはゆいつ我が家で実った最後の一個です
ゴーヤは豚肉、豆腐と一緒に炒めました
DSC_ゴーヤおかず














オグラとトマトはレタスやキャベツと混ぜてサラダにしました

DSC_野菜サラダ














とうがんは後日いただきたいと思います

PS
このかぼちゃ 我が家の前で畑を作っているお婆ちゃん(85歳)にいただきました
DSC_かぼちゃ半分天ぷらにして食べました
後はお煮つけにしていただこうかと
思っています
と言うわけで・・・・・・・
わたしはやっぱり
「田舎のマダム」がピッタリです
季節毎になにかしら
旬のものを頂きながら
過ごしておりますう・・・・・~っ



今夜の連れ合いは役員会の後、ホテルで会食だそうです
お酒はほどほどに願いたいと思いますが・・・・
どうなることやらです 明日も仕事ですのできっとわきまえていらっしゃると思います(願)


頂き物 マンゴー&お酒

この季節 去年につづき今年も台湾から届きました
BlogPaint














丁度食べごろのマンゴーいっぱい
早速お口へ・・・

とっても甘くって美味しい

DSC_マンゴー













連れ合いがタイ駐在時には身近に食していましたが国内勤務になってからはなかなかお金を出してまでは買わなくなってしまったマンゴーです(タイ駐在時は勿論タイ産のマンゴーね)
連れ合いとタイ駐在時のあの頃を思い出しながら美味しくいただいております

   ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こちらは先日頂いた獺祭のお酒ではなく獺祭の煎餅と 宝山のお酒


DSC_酒枠付き枠付き1













実は連れ合いはお酒より焼酎の方が好きなようで・・・・
焼酎がなくなった時に引っ張り出して飲みます


紫たまねぎ

用水の向こう側で毎日畑にでているおばちゃん(83歳くらいだったかな?)
今日もいただきました
今日は紫たまねぎ&新玉ねぎです
DSC_玉葱














ありがとね
おばちゃん天草の出なのだそうです
同じ地方の話ができるのでなんか親しみを感じて
心が和みます

お土産

今回の出張のお土産は…………
これっ
image

ん??
広島? 違う
高松? 違う
image


先方様が旅行に行かれてその時にお買い求めされたそうな
納得❗
image


ん ん ん ホント? なの?
もしかしてホントは自分が行ったのじゃないのかぁ ~い…⁉⁉

なぁ~んて単純に疑っちゃうかも……(疑惑)
どう思う?
激務と信じきってるノ―天気な妻を演じてた方が円満?😅

のど越しの良い葛湯

DSC_雪柳1















昨日犬山城下町にお邪魔したときに行きつけの履物屋さんのおばちゃんにいただきました

BlogPaint













夜 連れ合いと頂く事に・・・
実はこれには勘違いしたという落ちがあるんです(爆笑)

とっても美味しそうだね
早速いただこか
子袋を開けて・・・
広げてみます・・・
でも でも いつまでたっても白い粉が出てくるばかり・・
ついには袋のまんま口に持って行ってく連れ合いでしたが
なんでなんでΣ('◇'*)エェッ!?
ついにはぜ~んぶ粉 テーブルが粉まみれ!!!!!
餅がでてこない?
あれぇ〜っ
もしかしてこれって餅じゃな~い?????
慌てて袋の表を見ると・・・
なんと 「くず湯」 と表記してある
そりゃ 粉だけの筈だわ!
わたし達ははなっから疑うことなく葛餅だと思い込んでいたのでいつまでも餅を探してた
なんだか拍子抜け・・・(なぜか二人ともです)
まぬけですねぇ〜 わたし達
気を取り直して熱湯でもどしていただく? というと
連れ合い「くず湯」とわかるといらない!僕は病人じゃないと・・・・(爆笑)
そうですかそれなら体調の悪い時の日の為に取っておきましょう・・・・

とっても上質な葛です
DSC_葛湯2















ほんのりとした甘さがお口の中に広がり

DSC_葛湯3














美味しくいただきました
おばちゃんありがとう


麩饅頭

DSC_袋数日前の事です
連れ合いの手土産
袋を見てすぐわかったよっ!
麩饅頭です
正式名は
餡麩三喜羅(あんぷさんきら)

わたしは大好きです




        DSC_箱 
知る人ぞ知る麩饅頭
古くから尾張地方はよく麩を
食する地域
大口屋ではその麩を和菓子に活用
中はこしあん

葉は山帰来(別名サルトリイバラ)の葉を全国で初めて麩菓子に用いてるそうです


DSC_麩菓子


















DSC_さんきらの葉葉はユリ科のつる性落葉低木
サルトリイバラの葉です
この葉を塩漬けにすることで
程良い塩味と葉の香りが菓子全体
に移り、味にアクセントを加えて
あるそうです・・・・包装箱より



でも桜餅の葉と異なり食べることはできません
それと日持ちがしませんので遠隔地への
手土産には適しません

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード