令和元年 5月5日 五月晴れ

我が町の三▲▲会(老人会)の最大イベントである長寿祈願祭

DSC_8603
毎年 5月5日に開催されます
部落内のお宮さんに集まり長寿の祈願を致します

BlogPaint


















BlogPaint



DSC_8611
今年も例年通り100名強の参加です
(全体では170名位の会員ですが幽霊会員とか・・・ほんとに幽霊ではありませんよ・念の為)
籍だけ置いとくいう意味です
近年は近所に訃報があっても連絡がありません ただしこの会に入会している人達に限っては
会員内の方が亡くなった場合きちんと会員内で訃報が回覧される仕組みになっている為
貴重な情報源となりうるのです・・・・ですので年間会費2000円を支払い籍だけ残して
おくという実態が浮かび上がります
今の世の中それも有りかなとうなずける現状が見え隠れします
但し、悪しき点????としてこの老人会会員として在籍中に亡くなった場合昔から暗黙の了解として
お礼として金 3万・5万・10万。それ以上?と金額はそれぞれですが寄付する習わしがあるのです
それも徐々に形骸化しているそうです
もし残された家族がその事を知らずにいたら・・・・・・(何を言われるやら  ご察しください)
実は私も薄々は口づてに聞いてはいましたが今回幹事になった事と年齢も怪しい年齢になった事も
あり事実を確認した次第です
確かに昔からのこの地に住みこの地で生まれ、、育ち、仲間がいるこの村(町)で住み続けていたのなら
それも有りだと思いますが
何も知らなくてただただお互いの通勤距離や子供の学校云々でこの建売住宅に移り住んでとっくに
20年は過ぎたという我が家ですがいまだに右往左往することばかり
行事やしきたり等は原住民と同じ扱い でも事あるたびによそ者扱い
当然の如くこの地の区長は根っからの地元住民それも年表で決まってる
でもその内それって消滅するよ。。。というかやれる人材が近い内になくなるそう人がいない
原因と考えられるのは地元の小金持ちさまが亡くなられます 相続されます
飛び上がる程の相続税がかかります 有り余る土地を処分されます。 そこには小さく区切られ
軒並み手の届く価格での建売が売り出され飛ぶように売れますゥ
ここ15年程でその現象がアチコチで起きてます 
当然ですが住民の比率も地元よりいわゆるよそ者それも若い世代が増えてきています
そんな要因からして昔からの区長制度は継続できる訳がありません
私達より以前に移り済んだ方達もきっとわかってる筈なのに何も言わないし、言えないでいる
今どきそれって通用するの? というか通用してる現実が怖い!!!!!!!

でもさ ジタバタしたって現実は今の狭間で生活していかなくてはならない我が家です(哀し)
個人情報やらなんやら色んな難しいこの社会です
我が町も今後10年で変わると思います いえ変わらなきゃおかしいよ
この件
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
今後の移り変わりが興味があります
いきいきサロン/ 三▲▲会(老人会)とともに 続けて綴っていきたいと思っています
経過を見守って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ で 
とにもかくにも今できる事
現実は老人会の集まりに労力を費やしている田舎のプチマダムM ですよ(苦笑)

祈願祭 その二日後の5月7日 火曜日
早速 老人会で老人センターへバスに乗り込んでの外出でした
出席人数は25%以下の36人ぐらい? でした(そんなもんですわ) (爆)

健康体操をして、ゆっくり寛いで、頼んでいたお昼(弁当)食べて午後から

BlogPaint















慰問の歌謡ショーを楽しんでひとときを過ごし又バスに揺られて帰ってきましたよ
それなりに皆さん楽んで頂けたようです。 良かった 良かった

おまけ
① 先月リニューアルされたセンター 綺麗です
  足湯もできましたので足浴しました

DSC_8615
  空はほんとにこれぞ「五月晴れ」
② 朝の出来事です
  参加のSAオバチャン(87才)私が出かける時にSAオバチャンの嫁さんにお会いした時の事です
  2日前の祈願祭の時に出席の筈が欠席だったけどどうなされたのかしら?
  「いえチャンと出て行きましたよ」 えっ 「来てませんでしたよ」 私
  本人に聞いて見ました 「どうされたの?」私
  「道を迷ったので帰ってきた」・・・・・とオバチャン
  どうも同じ道をグルグルまわっていたようでした
  嫁さんいわく 「1年経ってるので忘れてるのかも」
  おいおいこんな近くのお宮さんにもたどり着けないようでは大丈夫??????
  と思いつつで今日はもう行かれました?と嫁さんに聞いてみた
  「はいだいぶ前に自転車で行きましたよ」 えっ 自転車で大丈夫かいな
  私 嫁さんと話していてもそちらの方が気になり急いで集合場所の会館へ・・・・
  先に来ていた人に聞いてみた 「SAオバチャン 来てる?」 私
  「 まだ みゃへんよ〜っ」 ・・・・ 「やっぱり」 私
  捜しに行こうと思いアチコチ捜しに・・・・
  いないっ !どうしょう!
  困惑していたらやっとズーっと向こうの信号で信号待ちしていたのが見えたわっ(ホッ)
  それも重そうな自転車引いてるっ。
  良かったわぁ〜っ  とりあえず来たっ!
  「遅かったね わたしよりとっくに早く出たのにどしたん?」  私
  「道に迷ってたわ」  やっぱり 私
  なんか 他人事ながら切ないよ! いつか私もたどる道!
  でも でも SAさんは目の前の現実! 
  世話役としては今後どう対処していいのやら 悩みます
  とりあえず家族の嫁さんにはこの事伝えておいたけど・・・・・・・。
  なんで 帰路は一緒について行くことにしました(次回はどうしよう?)
③ 祈願祭の時のお賽銭の事
  すっごい面白いと言うかBIOGネタにもってこいなんですが長くなりますので
  次回に・・・・・お楽しみに
 
本日は長くなってしましました。私見が入り過ぎてしまい少し後悔しています
でも後で読み返した時の為に素直に綴っていた方がいいと思い長々なってしまいました
連れ合いはきっとこういうでしょう
他人後に首突っ込んだ内容になる事は批判批評の元凶だぞ・・・・・と。
それくらいわかってますとも。