4月21日 日曜日
毎年この時期にある三▲▲山 会の総会
いわゆる地元の老人会です 思うに市内でも有数の会員数の多い歴史ある老人会
現在の会員数は今でもゆうに170名はいます(すごいよ)
今日の総会出席者は100名強
BlogPaint















(欠席者の中にはもう歩けない人とかもみえるけどやはり地元との縁を大切にしたいとの思いで退会されない人達がいかに多いかがうかがわれます)
ただ 総会といえば会費を徴収している以上欠席するにあたり委任状が必須と思いますが
それはない!!!!!! そこがいわゆる老人会 ゆるいわ(苦笑)
昨今老人会というものが衰退化していると言われていますがこの町も流れに逆らえず
衰退の一歩をたどっている中私の所属しているこの三▲▲山会(いわゆる老人会)
はまれにみる活気ある老人会だと思います(他を知らないのもあるかもしれないけど)
ただ ただ 確かに衰退の一歩をたどっています
総会の他に月例会というのがあり毎月色んな事するけどこちらの方は40〜50名の参加です
(極端に少なくなります・・・・苦笑)

30年中に亡くなった人及び退会された方が14名程
それに伴い必死で集めた今年入会された人14名とかでやっと均整を保っています
でも でも そこが一番問題です
なんと入会された内訳が特別な人(会長の奥さん・村の役員)のみが60才
あとはすべておおむね70才以上 80才近くが4名 
これってこの方達で将来の運営を担っていけますゥ
明らかに無理だわ!  ならなんで入会できたの???
数だけ増やせばいい問題ではないと思うけど
(今は高齢者が多い 老人が老人を守りあうのが現状だと言えばそれまでですが・・・)
結局今年も又会員170強のなかでは私は下から10番目以内に入る若者になってしましました(爆笑)
そうです今年もまたまた下部の若者に入っています
これって正常な老人会の流れ????

老人会って
早い内に入会して高齢の方達の為に働き、今度は自分が守られて過ごすのでは?
ちなみに私が入会したのは60才の時でした
あっという間に10年の月日が流れ私は先月70才になりました
その間それなりに会員として幹事を仰せつかったり、当番として縁の下の
力持ちの時期もあったりで月日を過ごしました
(でも途中嫌気がさして会費だけ納めて出席しない月もあったわ)

今の社会 寿命が長くなり、年金もへ減らされ、労働意欲がある人達は
現役で働く世の中になり、老人会なんてと言われるようになり
増々 老人会は衰退への道をたどるのは目に見えています
でもでもうちらの部落のようにまだまだ頑張っている老人会もあるのですよ
(入会する人が高齢であるのが気になるとこですが)
田舎のマダムM も現実在籍している以上今年1年は頑張ろうと思っています
何故かって???  
そうなんです わたしの班はこの度必然的に私が幹事に拝命されたんです
(実のところまたかぁ〜っ やっぱりなと理解に苦しむ複雑な気持ちです)

ちなみに私 毎度BIOGを読んで頂いてる方はご存知の方もみえると思いますが全国展開されている
ふれあい いきいきサロン活動の一環である いきいきサロンのこの地域の広報担当もしています
こちらは市・社会福祉協議会からみで高齢の方々をボランテイアの人達で支える活動
です。   内容は老人会と相通ずるものもありますが基本は会員制ではなくいつでも好きな日に
おいで頂ける設定になっていますので気負いしなくてよくただただ遊びに来てくださいのスタンスです。
こちらの活動はこれからの社会にとっては必要だと私は思いますので前向きに取り組んでます
ちなみに他の新興住宅地ではいきいきサロン活動の方が活発です

でも現実の私は昔からの地の人達の住む由緒ある村と新しくどんどん建設されている分譲住宅の
入り混じった複雑な場所に住んでいます
今後の課題としていかに老人会といきいきサロンが共存共栄できるかを考慮しながら
自分なりに広報活動をしようと思っています。
(ホンネ…よそからこの地に越してきてとっくに20年以上たちますが未だに地元の人達からはよそ者扱いです)

ファイト  ファイト ファイト