BlogPaint













昨日は市民病院へ通院の日でした
骨密度の処方箋を頂く日でした
処方箋の限度日数は今迄は半年分処方していただけたのが今回から変更になり3ケ月分しか出せないようになりました
骨密度の検査は半年に一回検査ですので中に一度診察を入れなければならなくなった為、
検査のみして後はかかりつけの医院に移らないかとの打診がありました
その事をかかりつけ(高血圧でかかってます こちらは月一度通っています)のドクターと相談しましたが
やはりできるならこのまま今の状態でいった方がいいという事でその旨
お答えしようと思って診察室に入りましたら・・・・・・・
なんとそのことに触れずに診察は進みました
今迄は身体の全身状態はまったく見てくれることなくただ骨密度のレントゲンと問診だけだったのに
今回は診察台に座り下半身の動作の確認や腰の曲がり具合など丁寧に見てくれましたよ
そして特に何事もなかったように3ケ月後の検査日を予約し診察日も予約できました
(もしかしてもうかかりつけのドクターから連絡が行ってのかしら?)
どっちにしても良かったです
なんせこれからがボチボチ身体に故障が出てくる頃だから・・・・

びっくりした事!
中待合室で待っていた時の事です
同じ整形外科の診察待ちに見たことがあるご婦人が・・・・・
思わずどうされたの?  て聞いてみました
なんと私と同じ背骨の腰椎ブロックの異常で診察にみえてて足にシビレがくるようになり、
動かなくなる状況になったみたいです 個人の医院から紹介状をお持ちでした
もしかして手術になるかもとご主人も付き添いでした
信じらせませんでしたよ  何故って? つい先日まであれほどジムに連日通われてて頑張っていたのに?
(私は 休んでばっかりだったけど・・・・