DSC_むすかり












いきいきサロン○○立ち上げの今日の打ち合わせが終わった。
会則も仕上がり、社会福祉協議会への届も無事終え、
いよいよ5月17日より第一回目がスタートします。
その前に4月26日に社協の職員を交えて 模擬茶話会をするそうです。
今日の打ち合わせは最終打ち合わせでした
何もかも手探り状態の中での船出です

今でもわたし個人的にはいきいきサロン誕生に対しては全く納得していないし
理に叶っているのか否かも我ながら整理がついていない中で
「いきいきサロン○○誕生」に加担し広報担当を拝命しました
どうやって広報すればよいのかさえもわかりません。

まず個人的に思うことは三▲▲会(世で言う老人会)に現在加入しています
もひとつ、こちらもすべての女性が60歳以上の生徒で構成されています「ひまわり学級」にも
参加しています
そして今回は 高齢者対象の「いきいきサロン○○」誕生
すべて同じ地域内での集合体です
現状はかなりの人達がダブルもしくはトリプル加入です
いわゆる同じ人物があっちでもこっちでも顔を見るってことです
こんな事って理解しがたい状況だと思います

私に言わせればすべての会が高齢者の人達ですのでそれぞれに特徴があるので一概には
いえませんが・・・・・・・・・
年間を通して行事自体は同じようなもんですので一つの集合体にして
その中で組織とし、傘下にそれぞれに行事等を組んだ方がスリム化もでき
無駄な事も省けるし明確化できると思うのは私だけだろうか??????

田舎町です  派閥もあります 立ち上がりのいきさつもあります
それぞれの会の歴史もありますので譲り合い感がないのも事実です
特に歴史ある 三▲▲会(老人会)という組織がありながら新しく
形態の違う高齢者向けの「いきいきサロン」を立ち上げると言うスーパー手段を
スタートさせて田舎町の中で育っていくかとっても心配です
現状の老人会との差別化がどこまでできて、どこまで発展するのか
私的にはかなりのハードルが高く広報活動をどうすればいいのか心の葛藤だけが
先行してしています

ちなみに
★ 老人会はおおむね60歳以上で会費が要り、会員が会員の世話をして運営している
 毎月一回行事を開催 お昼を食べて解散 (現状は男女ほとんどが70歳以上)
★ ひまわり学級は女性限定で会費制で毎月行事を開催しています
今は高齢化で平均年齢が70歳以上?
★ そして今回の「いきいきサロン○○」も高齢者が対象
いきいきサロンの骨子は地元地域の高齢者とボランテイアとが、共に運営を行い
当事者の生きがいづくり、閉じこもり予防健康維持、増進とし
区・市会議員・後援会・ひまわり学級・民生委員・社共の職員が一堂に介し
立ち上げたサロンです

私の住んでいる市は現在52か所のサロンが存在しているそうです
社共の姿勢としては100所を目標に展開されるそうです

それに伴い当然老人会なるものも解散になる箇所も出てきてるそうです
当然だと思います

私の住んでいる三▲▲会(老人会)は強靭な組織です
いきいきサロンが育つか潰されるか地域性が試されます。