夜家の電話が鳴りました
受話器を握ると町内のひまわり学級の役員の方からでした
声が暗い・・・・
訃報でした
学級仲間のOさんの死の知らせでした
ご主人を数か月前に亡くされたばかりでまだ心の傷が癒えていないと言うのに・・・・
驚きました 数日前に近くのスーパーでお見かけしてお話しした人が言うには変わりなかったよと。
皆が心配して事あるたびに誰かが声をかけていたようですが・・・
2~3日お見かけしないので不審に思い数軒隣の方や周りの方が様子を見に行かれ、
ただならぬ雰囲気を感じられたのでしょう(電気がつけっ放しだったりとか)
警察に連絡して警察官がガラスを割って自宅に入られ、亡くなっているのを確認されたようです
連絡を頂く前日の夕方わたしもたまたまご自宅の前を通り過ぎた時には雨戸がしっかり閉まっていました
という事はあの時にはもう警察が来て検証された後だったのかもしれません
ご夫婦には近くには身内もなくお子様もなかったですので
気づくのが遅れたようです 歳は私と同じです
野辺の送りはどなたがされるのか胸が痛みます